構築ネタ(FreeBSD) WordPress 対応環境 (2)

Pocket

WordPressが使えるようになるまでのダイジェストその2。
続いて、php と MySQL

■phpの導入
pkgtools.conf の MAKE_ARGS の項目に make時のオプションを設定していってもいいのだが、portsディレクトリに cd して make config を実行し、対話式メニューから使用するオプションを有効化した方が楽だし早い。
make config
以下の2項目を↑↓で選択し、スペースキーを押下して有効にする。

APACHE
MULTIBYTE

# cd /usr/ports/lang/php5
# make config

# portinstall php5

続いて、php5-extensionsも同様に。
php5-extensions make config
GD
MBSTRING
MYSQL
ZLIB

を選択。

# cd /usr/ports/lang/php5-extensions
# make config

# portinstall php5-extensions

続いて、php.iniを準備する。インストールが終わると、php.ini-development と php.ini-production が /usr/local/etc/ にコピーされるので、どちらかを php.ini にリネームしてコピーする。とりあえずどっちを使っても大差ないのではないかと。

# cd /usr/local/etc/
# cp php.ini-production php.ini

■MySQLの導入

なぜか portinstall が通らないので、ports ディレクトリに cd して make install を実行する。

# portinstall mysql55-server
** No such package or port: mysql55-server

# cd /usr/ports/databases/mysql55-server
# make install

自動起動するように設定。
。。。 portinstall databases/mysql55-server でいいのか??

# vi /etc/rc.conf
[/etc/rc.conf]
mysql_enable="YES"

ひな形をコピーして my.cnf を作成。query_cache_size の項目を追加。

# cp /usr/local/share/mysql/my-small.cnf /etc/my.cnf
# vi /etc/my.cnf
[/etc/my.cnf]
37a38
> query_cache_size=32M

※注
サーバ運用中に mysql を portupgrade でバージョンアップすると、途中で mysqld が停止してしまう。インストール完了後に手動で mysqld を起動しておく必要があるので注意が必要。

# sh /usr/local/etc/rc.d/mysql-server start

○初期化

# cd /usr/local/etc/rc.d
# sh mysql-server start
# ps ax | grep mysqld
72228  ??  Ss     0:00.03 /bin/sh /usr/local/bin/mysqld_safe --defaults-extra-file=/var/d
72310  ??  S      0:00.47 [mysqld]

○mysql rootパスワード設定

# mysqladmin -u root password 'PASSWORD'

○不要なユーザを削除する

# mysql -u root -p mysql
Enter password:

mysql> select user,password,host from user;
+------+-------------------------------------------+-------------------+
| user | password                                  | host              |
+------+-------------------------------------------+-------------------+
| root | *210******19E7AB0F472151DAAF2450F8C0***** | localhost         |
| root |                                           | www.example.jp    |
| root |                                           | 127.0.0.1         |
| root |                                           | ::1               |
|      |                                           | localhost         |
|      |                                           | www.example.jp    |
+------+-------------------------------------------+-------------------+
6 rows in set (0.00 sec)

mysql> delete from user where user = '' or ( user = 'root' and host != 'localhost' );
Query OK, 5 rows affected (0.00 sec)

mysql> select user,password,host from user;
+------+-------------------------------------------+-----------+
| user | password                                  | host      |
+------+-------------------------------------------+-----------+
| root | *210******19E7AB0F472151DAAF2450F8C0***** | localhost |
+------+-------------------------------------------+-----------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> quit;
Bye

○WP用DB作成
DB名:wp
DBユーザ名:wp
パスワード:WP-PASSWD

mysql -u root -pPASSWORD
mysql> create database wp;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> grant all on wp.* to wp@localhost identified by 'WP-PASSWD';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> exit
Bye

■WordPressの取得

WordPressのソースコードを取得・展開し、DocumentRoot となるようにシンボリックリンクを設定する。

cd /home/www-wp
wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.2-ja.zip
unzip wordpress-3.2-ja.zip
chown -R www:www wordpress
ln -s wordpress html

※重要※
WordPressの自動アップデートを可能にするため、wordpress ディレクトリのowner,groupをwwwに変更しておく。

WordPressの初期設定自体はお手軽簡単なので省略。

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン